読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1億円プレーヤーを本気で輩出させる投資ブログ

FXやバイナリーなどで、稼ぐトレード技術が身につくブログです。

勝てる確率の高いところだけ拾い出す

f:id:tetsuya4401:20161115152245j:plain

まだ11月なのに雪が降りましたね。

あまり寒いのは好きな方ではないので、冬眠したい気分です・・。

いや、前向きな気持ちでいきましょう。

 

続々とバイナリーサインツールについてお問い合わせしてくださっています。

何かを変えていきたいと思うパワーのある方たちばかりなので、どんどん稼いでもらいたいですね。

購入された方も着実に勝ちを積み上げています。

 

ツールは機械的なものですから工夫していただいても構いません。

例をあげると・・上の画像のように有効なラインを1本表示させるだけで勝率の高いポイントを拾い出せます。

よく意識されがちな200MAですが、やはり相性はよろしいようで。

チャンスは減りますが、やってみる価値はあると思いますよ。

・・ちょっとでも越えたらスルーした方が良いかな。

 

 

 

●先行で体感できる限定サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

大衆の心理を突くスキャルピング手法

f:id:tetsuya4401:20161119111839j:plain

f:id:tetsuya4401:20161119111940j:plain

 

さまざまな検証をしているのですが、真剣にやっていると急にトレード手法が閃いてしまうことがあります。

それは誰しも経験することだと思うのですが、その瞬間とてつもない嬉しさがありますよね。

それが先週ありましたので、実証するために週の後半はかなり時間を割いてしまいました。

 

スキャルピングなのですが、インジケーターは使っていません。

おそらく一般的な考えだと入れないという逆転の発想ってやつです。

なので、負けているところはだいたい自分がただの一般人になっていたということです。

常勝しているトレーダーは変わっているとよく言いますが(そうでない方ごめんなさい・・)、この手法を検証しているときは本当に自分のことを狂ってると思いながらやってました(笑)

 

ただ、時間を決めてはいたのですが、金曜日は30トレードもしてますのでやり過ぎですね・・。

スキャルピングは疲れますしね、取り柄である視力2.0はできるだけ守っていきたいのです。

そして残念なことに、これを人に伝えるとなると再現は非常に難しい。

仕方なく心に留めて、深入りせずにたまに使っていくことにします。

必ず今後のトレードのヒントになりそうな予感。

やっぱりトレードは楽しいなー。

 

 

 

●先行で体感できる限定サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

自分の恥ずかしい部分をさらけ出す

以前、トレードをノートなどに記録してみましょうという記事を載せたのですが、もう1つ言いたいことを書き忘れてました。

ノートにはその都度感じたことなどを書いてもらえれば良いのですが、どう反省しても改善しない癖もあるかと思います。

そういう時は自分がトレードをしている後ろから、ビデオカメラで録画をしてみましょう。

細かいチャートの検証はまた別の機会にするとして、自分の姿が入ってるのがポイントです。

これも面倒くさいですが、面白いですよ~。

 

 

お、集中してるね。

そろそろ入りそうだなー。

いやいや、慌てすぎだろ。

迷ってるんかい。

勢いよくクリックしたな。

うわ、拝んでるよ・・。

ちょっと怒ってるっぽいな。

ひとりごと言ってるわ。

なんで席を今立つの。

お、急いで戻ってきたな。

さっきより怒ってるじゃん。

あー、損切りか。

あれ、遠く見て現実逃避してるよ。

ぼーっと画面見てるね。

今入るのかよ!

 

・・・これは恥ずかしいですね(笑)

ですが、嫌でもあえて振り返ることで、強引に頭に刷り込ませて矯正するわけです。

 

トレーダーはとても孤独です。

もし師匠がいたとしても、四六時中後ろに立って教えるわけではありません。

トレード技術を身に付けることは大事です。

しかし、負けたことを技術や手法のせいだけにしていないでしょうか。

自分では無意識に取っている行動、コロコロと変わる精神状態。

自分自身を知ることで損をコントロールできることだってあるのです。

たとえ人に嘘をついても自分には嘘が通用しません。

ぜひ自分に恥ずかしくないようなトレードをしていきましょう。

 

 

 

●先行で体感できる限定サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

トランプショックなんて問題ない

アメリカ大統領選は、トランプ大統領の誕生というサプライズになりましたね。

しかし勝手に予想しているのは周りだけで、結局のところ思うようにはいかないのが世の常です。

相場も過敏に反応して大荒れでしたが、こういうときに無理に参加しても思い通りにいくものでもありません。

値幅もかなり違いますし、動きだけ見ていると感覚が麻痺して判断が狂います。

いつも自分が使っているシステムがあるのなら、有利な状況になるまで待ちましょう。

大きく荒れた後の方が読みやすい素直な動きになったりするものです。

 

そんなわけで、バイナリーの取引は「そろそろ始めるか~」とまったりしています。

逆張りのシステムなので大相場とわかっていながら強引に参加しなくても良いわけですが、実際相場が大きく動き出すとサインの頻度はガクッと落ちます。

なので、もし負けたとしてもずっと付いていくわけではなく、ひどく連敗するようなことも起こりにくいのが特徴です。

1番おいしいのが、ほどよく動く相場。

わざわざ焦って難しい道を選ばなくても、落ち着いて周りを見渡せば通りやすい道もあります。

 

また、バイナリーサインツールを多くの方に体感していただいていますが、今後さらにパワーアップしたものをお見せできたらと思います。

今とても良いタイミングかもしれません。

 

 

 

●先行で体感できる限定サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

その日のトレードを記録する癖をつけてみる

私の地元では紅葉が見ごろとなっており、わさわさと観光客が押し寄せてきています。

有名になったのはここ数年だと思うのですが、県外ナンバーの車もよく見かけます。

そこまで情報発信していなくとも、噂は広がっていくものなんですね。

このブログもそんな感じで成り立っています^^

 

 

 

みなさんはトレードを記録する習慣をつけているでしょうか?

ノート・エクセル・トレード記録専用のソフトなど、人によってさまざまです。

ただ、毎日続けていくには面倒くさいですよね。

頭で分かってるからやらなくても大丈夫だと。

でも、それで勝ち続けていけているのでしょうか?

 

私たち人間は頭が良いと思っていても、時がたつにつれ記憶が曖昧になっていきます。

いつどういう状況でどのような動きをしたのか、事細かに覚えていられるのは稀だと思います。

自分の鉄板トレードなのに決まらなくなった。

いつまでやっても勝ちに繋がらない。

もしそうであるなら、何を見て何を感じ、どう実行してどんな結果になったか記録していくべきです。

 

書く量は少なくても続けていくことが大事です。

ただ、何も書くことがない日はありえません。

何も感じないわけがないですからね。

もしトレードをしない日があっても、その理由も書いてみてください。

将来同じ場面に直面したとき、やらないという選択を自信を持ってできるかもしれません。

あと資金管理も大切ですから、その日の資金量に対して何%でいくらの損失までなら許容できるか、証拠金と何枚購入できるかも事前に計算できて書いておけますね。

 

失敗と成功だけを繰り返しているようですが、確実に成功に導くように反省・改善・確認を意識的に取り入れてみてください。

しっかりとした割合はわかりませんが、地道にノートに記録する人は多くないはずです。

そして、投資で勝てている人は全体で1割程度。

何か関係があると思いませんか?

面倒くさいことを大多数がやらないとしたら、面倒くさいことをチャンスだと思って実行できる少数派になりたいものですね。

 

 

 

●限定物のサインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

余裕のあるトレードで再現性を高める

バイナリーサインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000

 

 

ご訪問ありがとうございます。

前回のパチンコの記事で、いつもと違う層の方からのメッセージをいただいています。

トレードの方が効率が良いのでパチンコはしばらくやっていませんが、やっぱり楽しいですよね。

ただ、勝つからこそ楽しいのであって、そのために考えて工夫していくことも必要です。

 

 

まだバイナリーサインツールは募集を受け付けています。

かなり使いこなしている方も多くなってきていまして、今まで負けてばかりだという方も手応えを感じているようです。

予想する必要がないので迷いようがないですし、トレード経験が浅い方でも勝つ感覚を身に付けられます。

楽しくなければなかなか続けられませんからね。

まずは確実に勝っていただきたいと思います。

 

アラームの音でサインをお知らせしてくれるようになっていて、実際トレードするまで余裕を持たせるようにしています。

一瞬しかチャンスがないサインツールも他所にはあるようですが、それだとパソコンに常に張り付いて監視しなければなりません。

瞬時の判断が必要となるとタイミングが遅れてしまい、サイン通りのトレードが難しくなります。

私のサインツールだと、アラーム音が鳴っても部屋の中にさえいれば間に合うと思います。

どの通貨ペアでやるか決め、金額を入力し、決められたタイミングまで待つ。

やることはその程度です。

 

 

今週は経済指標がたくさんありますね。

指標前後は無理して勝負する必要はないので、時間を確認して確実なところを取っていきましょう。

 

 

 

●限定物のサインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

パチンコだけで生計を立てていたときの話

今回は少し違ったお話をします。

 

以前、私はパチンコだけで生計を立てていた時期がありました。

当時は本当にお金がなかったのですが、そのくせギャンブルに手を出すという悪の見本のような人でした。

しかし、もともと慎重な性格もあってかあまり浪費することもなく、どうすれば勝てるのか日々考えていました。

 

パチンコを教えてくれた方は当時派遣社員として一緒に働いていた同僚でしたが、やり方を少し教えてくれただけで勝ち方は知らないままでした。

それからビギナーズラックはあったものの、どうしてもズルズル負けてしまう。

それがとても嫌だったので、お金を極力使わずに勉強することにしました。

台の基本情報は雑誌から得たり、打ってる人を遠くから眺めたりもしました。

打たずに帰ることがほとんどだったので、店員さんには嫌われていたと思います。

 

残念ながら私が通っていたお店では、常勝できている人はいませんでした。

その代わり、明らかに毎日のように負けている人はたくさんいました。

これは勝てる人から学べることはできなかったけど、負けている人から学べることを意味していました。

正直チャンスだなと思いました。

 

そう気付いたときから、負けている人の悪事と思われることを全て書き出しました。

そして、できる限り悪事の逆をやることを心がけました。

かなり面倒くさいこともしましたし、隣に座る人にからかわれたりもしました。

でも、そんなことは気にもしませんでした。

そのホールで勝ちに徹していたのは私だけだったからです。

 

 

パチンコはFXやバイナリーに良く似ています。

何も考えずにやっているうちはギャンブルにすぎません。

なぜ負けるのか、どうすれば負けないのか、実際に改善して続けることができるのか。

1つ1つ潰すように考えてみてください。

遠回りしているようですが1番確実だと思います。

 

パチンコ商材も出せそうですがおそらく出しません(笑)

今回のパチンコの記事が好評でしたらまた書きます。

 

 

 

●限定物のサインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。