読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1億円プレーヤーを本気で輩出させる投資ブログ

FXやバイナリーなどで、稼ぐトレード技術が身につくブログです。

待つ。

トレードをしていて思うのが、待てない人が多すぎるなと。

自分の鉄板ポイントだけ押さえれば勝ち越せるのに、いざトレードをすると周りが見えなくなる。

時間の使い方も人それぞれなのでちょうど鉄板ポイントに当たるかは分かりませんが、自分を中心に考えるとポジションを取らなければという気にさせられる。

1日1勝でも~とはよく言いますが、1日1ポジ取りましょうとは言いませんよね。

納得しなかったらやらなくてもいい。

おいしいところだけ狙えばいい。

私たちが相場に合わせるべきなのです。

 

ただ、鉄板ポイントを感じる箇所は人それぞれで、無数にチャンスは隠れています。

今ある鉄板ポイントを相場に合わせるとしたら、どんどんバージョンアップさせていくことも必要かもしれません。

 

 

 

サインツールはあともう少しにしようかな・・

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

遅ればせながらのごあいさつ

いつもご購読ありがとうございます。

記事を更新しない間に、年を明けてからも期間が空いてしまいましたね。

まとまった時間が必要だったのですが、新しいことを考えたりすすめていたことを煮詰めたりしていました。

それらのまいた種が大きな花を咲かせてくれるといいなぁ。

 

それにしても、雪もだいぶ降っていますし寒いですね。

冬眠したいところですが、ここは熱い気持ちで乗り切りたいところです。

今年はもの凄い年にします。

さて、相場が静かになってきましたね

ご訪問ありがとうございます。
年の瀬となりまして、私も慌ただしい日々を続けています。
体調を崩してしまうことがとても多いのですが、皆さんは気を付けてくださいね。

 

そういうこともあって、リアルトレードは先週で終わりにしています。
年末に向けて動きも静かになっていく時期と重なっていたので、タイミング的にはちょうど良かったということで。

 

これからはさらにボラがなくなっていきますので、いつもの感じでトレードをすると細かい値動きに翻弄されます。
前回の記事にもしましたように、ボラがなさすぎてもサインツールは嫌がることがあります。
それでも短期トレードは基本的に機能しますけどね。
ただ、わざわざ難しいときに勝負をする必要はありません。

 

この部分をまたパチンコに例えてみますね。
土日休みや今回のような年末年始の長期の休みには、会社から解放されたサラリーマンが押し寄せます。
店内では当たりが頻繁に起こり箱が積まれ、どの席でもいいから打たねばという気にさせられます。
しかし、実をいうと店側は当たりを出しやすいようにサービスしているわけではありません。
むしろ絞り込んでいます。
満席なのでほんの一部だけでも当たりを見せることで、錯覚を起こしやすくさせているのです。
それでも客は知らずに次々とやってきます。
今しかないと言わんばかりに。

 

なので私は、検証や過去の整理、体の回復に努めます。
やるとしてもデモ。
ただ何だろな・・パチンコの記事を書くとちょっと打ちたくなる(笑)

 

 

 

●先行で体感できる限定サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

定説通りにはいかない意外な検証結果

f:id:tetsuya4401:20161215161537j:plain

 

いつものバイナリーサインツールに、ボラの強さを計るインジケーターを足してみました。

緑→強、赤→中、黄→弱・・・という見方です。

定説だと逆張りはトレンドに弱いといわれているので、あまりボラがあるときは取引しないようにすれば、うまく良いところだけ抜けるのかなと。

視覚的にも見やすい方が良いですしね。

とりあえず、なんの縛りも関係なく10日分程度の結果をまとめてみました。

きっとハッキリとした結果が出てくれるのでしょう。

 

USDJPY

勝ち 25

小勝 20

負け 5

 

勝ち 32

小勝 18

負け 10

 

勝ち 31

小勝 22

負け 16

 

 

緑の勝率が高いだと・・?

極端にボラのないときの取引は控えた方が良いとも言ってはいましたが、こっちに偏ったかー。

これだけに頼ることはできませんが、また違った見方ができておもしろいですね。

思い立ったらとにかくやってみるのが1番です。

 

 

 

●先行で体感できる限定サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

自分を中心にして相場が動いているわけではない

相場は私たちの都合に合わせてはくれない。

だからこそ、私たちの方から相場に合わせていかなければならない。

相場は生ものなので、機械的な取引の中にもイレギュラーは起こり得る。

損を最小限に防ぐためにルールを作り、守っていかなければならない。

相場が読めないと感じたら無理に取引する必要はない。

待つことは機会損失ではない。

負けたことを運が悪いせいだと決めつけてはいけない。

連敗したら自分が相場に合わせていなかったことを理解しなくてはいけない。

稼ぐために真剣に臨まなければならない。

常に前向きでないといけない。

過去の自分に負けてはいけない。

 

 

・・なんだかポエムみたいだな。

 

 

 

サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

ゲームよりトレードの方が楽しい

価値観は人それぞれ違うのですが、ゲームをしている人にはついトレードを薦めたくなってしまいます。

攻略するためにゲームも本気を出して頑張ると思うのですが、やはりお金がかかっているとさらに本気度は増します。

ただ、その本気を間違った方へ向けていくと、欲望の渦に飲み込まれてしまいます。

そういう意味ではトレードはリアルサバイバルゲームのような感覚なのかもしれません。

 

70億人の全てが敵というわけではなく、むしろ同調する方が得なことがある。

ただし、時に見切りを付ける非情な判断もしなければならない。

自分が生き残るためには、自分が殺されないためには。

どういうことをすればリスクで、何が安全なのか。

1人のようで常に囲まれている。

だからこそ周りに流されずに自分の意思をしっかり持ち、最良の選択を導き出さなけらばならない。

 

トレードは奥が深いものですが、その空はとても高いものです。

目に見えているものだけが相手ではありません。

・・ゲームより攻略しがいがあると思いませんか?

 

 

 

サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。

チャートを広く見てパターンを掴む

ご購読ありがとうございます。

今週も経済指標が多いですね。

日時をきちんと確認して、前後に無理をしてまで取引しないようにしましょう。

 

今回は、以前の記事にもしましたが、1日のだいたいのサインの出方をお見せします。

とりあえず前回もそうだったので、NZDUSDとUSDJPYを。

11月29日の朝9時~深夜3時までです。

f:id:tetsuya4401:20161130134712j:plain

 

NZDUSD

9~12時 1勝1小勝1敗(3回)

12~15時 4勝3小勝0敗(7回)

15~18時 2勝0小勝0敗(2回)

18~21時 1勝0小勝1敗(2回)

21~0時 2勝0小勝1敗(3回)

0~3時 2勝4小勝0敗(6回)

計23回

12勝8小勝3敗

 

f:id:tetsuya4401:20161130134731j:plain

 

USDJPY

9~12時 2勝1小勝1敗(4回)

12~15時 2勝0小勝1敗(3回)

15~18時 2勝1小勝1敗(4回)

18~21時 0勝1小勝1敗(2回)

21~0時 0勝2小勝0敗(2回)

0~3時 3勝2小勝3敗(8回)

計23回

9勝7小勝7敗

 

・・と、サイン通りに行うとこのような感じになりました。

その日の値動きによってサインの出方や勝ち負けが変わりますが、ずっと追っていくと傾向や感覚が掴めてきます。

チャートの画像は見えますでしょうか?

黄色い星マークは勝てているところで、白いドクロマークだけのところは負けです。

どんなところにサインが出やすいか。

どんなところで負けやすいか。

この2枚の図だけでも読み取れるものがあります。

それを理解していただければ、やはり勝ちだけが残るようになります。

 

あ、リペイントはしないので検証し放題です。

 

 

 

サインツールの基本情報はこちら

http://wanwantetsuya.hatenablog.com/entry/2016/09/04/100000


メールはこちらまで
rururu4401★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


よろしくお願い致します。